千年優都 ユーカリが丘 考える街。

■メインの内容です。

イベント情報 Event Information

TOP > イベントのご案内 > 五節句について

五節句について

日本には五節句の行事があり、正月七日(人日)、三月三日(上巳)、五月五日(端午)、七月七日(七夕)、そして九月九日(重陽)の節句がございます。その他に季節の節目など、ウィシュトンホテルではそのお節料理を通じて、日本の伝統の味を皆様にお伝えしていきます。

【人日の節句】 一月七日

【人日の節句】 一月七日

新玉の年に、年、月、日に対してお礼と本年の思いを願います。お節料理には、天の恵を表現した小豆がゆ。海の幸のあわび、からすみは薬と子宝を表し、七草粥で地の力と恵をいただき、無病息災を願うおまつりでもあります。お飾りは富貴繁栄の願いを込め、展示致しました。

【人日の節句】 一月七日へ

【上巳の節句】 三月三日

【上巳の節句】 三月三日

女の子の祭り、又は桃の節句と言われております。桃の花酒を飲み長寿を願います。又、流し雛の伝説の様に、人形を悪い部位に当て、川に流し、無病息災を願います。お節料理は、ようやく芽を出し始めた野菜を中心に、地の恵、土地そのものの特長を引き出し、更に女の子の祭にふさわしく、明るくあでやかに仕立てました。

【上巳の節句】 三月三日へ


【端午の節句】 五月五日

【端午の節句】 五月五日

五色の布をひじにかけ、菖蒲酒を飲めば、健康まちがいなしと言われ、男の子の祭りとも言われます。鯉のぼり、竜門の鯉と天空を自由に駆けめぐれと我が子に願いを込めてのお節料理です。伊勢海老のかぶと飾りを初めとして、強さと健康をテーマにお作り致しました。

【端午の節句】 五月五日 へ

【七夕の節句】 七月七日

【七夕の節句】 七月七日

伝統の思想は、この時期に長麺を食せよ、そうすれば災厄から逃れるとされております。七夕流しは天の川に届き、願いが叶う。そして、病気、災厄をも流してくれると伝えられる。川、星、愛、衣それぞれをテーマに、星合の祭、七夕にふさわしく、夢が叶えられるようお節料理をお作り致しました。

【七夕の節句】 七月七日へ


【重陽の節句】 九月九日

【重陽の節句】 九月九日

一番大きい陽の数が重なる九月九日は賀の日とされ、菊の水を飲み長寿をまっとうした伝説から不老長寿薬として菊花酒が飲まれてまいりました。お節料理は実りの秋にふさわしく地の力・海の恵・野の心を表現し、長久の願いと致しました。五色の布で東西南北、中央を表し、天の恵に感謝の心と致しました。

【重陽の節句】 九月九日へ

【節分】 二月三日頃/立春の前

【節分】 二月三日頃/立春の前

今日も含め、特に昔は病に冒されることにおそれおののき生活をしてまいりました。病のしわざを悪病神がとりついたものとされ、悪魔払いの儀式が行われました。病や災厄を引き起こすものは「鬼の仕業」と追い出す儀式が「節分」の豆まきです。「鬼は外、福は内」。そのかけ声は「家内安全」への願いそのものでございます。

【節分】 二月三日頃/立春の前へ


■メインの内容が終了しました。 ↑ ページの先頭へ

関連サイト
Copyright 2009 (c) Wishton hotel yukari. All rights reserved.
山万グループ

■ページの最後です。 ↑ ページの先頭へ